間違った情報もアリマス。こちらのページに記載の内容には何の責任も負いません。あしからず。
迎→ 作者あてメールはこちら(お返事の約束はいたしませぬが・・・) 
以前に記載しておりました外部ブログページも復活しております。
内容は重複しておりますが、お暇ならご覧下さい。

こちらです


2019年6月12日 キャシュレス化
ホントは現金だけ貫きたいんですが
避けられそうにないですよね、キャッシュレス化。


吟味の結果、
一番広く対応できるエアペイを導入することにしました。



一応一通りの審査も通ったようなのでセットアップしました。

エアペイは何といっても交通系のカードが使えるというのが魅力ですね。
キャッシュレス決済ブランドが未知数な程に乱立しており、
正直どこがどうだかさっぱりわかりませんが、
経済系番組などで評論家がいうには最終的には交通系が有利だと・・・




告知POPもついでに作成。

導入まで気づきませんでしたが
全ブランドとも分割払いには非対応とのこと。
念押しのため和英とも刷り込みました。




まだまだ従来のアナログ回線利用のcat端末も必要なんですねぇ。

かつては紙のクレジット契約で用が足りたのですが
個人情報という言葉を茶飯事に耳にするようになってから、
審査結果が出るまで多大な手間と時間を要するようになり、
カードで一発のこの端末も必需品となり、三代目でしょうか、
現在に至っております。


色々あると複雑すぎて理解ができない年齢になりました。

何でも貪欲に対応するコンビニの凄さを痛感するこの頃であります。
2019年5月26日 富士山(吉田口1〜6合目ピストン)




続く真夏日の中、奥多摩や丹沢は標高的にかなりしんどそう。
八ヶ岳とか行きたくはありますが、仕事の疲れで翌週までダメージが残りそう。

で、そんな時にはココです。

富士山吉田口1合目から6合目ピストン。

1400mから約1000mの登りというのも適当で、
距離が10kmというのも適当。
そして最高点が森林限界を超える2400mで
富士山の雰囲気も味わえ、すいていて・・・
とにかく疲れた体に適当なルート。




いつものように馬返しスタートです。




0合目の浅間神社スタートも考えましたが、
大幅にコースタイムがプラスされるので断念。
来冬にでも歩いてみます。




駐車スペースに我々より先乗りしていた数台は
いずれもトレランの方々のようでした。




聖域に入ります。




新緑眩しき中、思わず深呼吸。




幾度も来ているので、点在する小屋の風化をひしひしと感じます。




都内は真夏日とのこと。
幸せを実感しますね。




望む八ヶ岳も薄く霞んで、すっかり夏の景観です。




恐らくは再建するまでには値しないのでしょう。




雑談しながら登る貸し切りの登山道。




あと何年風雪に耐えられるでしょうか。




白樺かと思うほど真っ白なダケカンバが眩しいです。




山頂方面、恐らく7合目位から先はまだまだ雪ですね。




林道滝沢線に出ます。




馬に遭遇。
問うてみると、観光用の馬の調教中とのこと。
何かとっても素敵な光景。




ほどなく佐藤小屋さん。




厳冬期も予約があれば営業されているそうで。




働く自動車、結構好きです。




里見平。




ここからはいわゆる富士登山の雰囲気が味わえます。




スキーを背負った登山者が幾人も見えます。
山頂からお鉢に向けて滑走するのでしょう。
素晴らしい。




経ヶ岳を通過。




肩越しに南ア。




眼下に山中湖。




ここまで。




さー飯です。




六合目、砂ふるい。




近くて遠い山頂。




ゆっくり贅沢なランチタイム。




爽快。




さぁ下山しましょ。




本日も安全をありがとうございました。




感謝申し上げます。




朝とはうって変わって夏でした。




また来ます。




時間も十分に早く、まだ渋滞にははまらないだろうと
4人とも初の吉田うどんを食しました。

どこの店もそうなのかはわかりませんが
未だかつてない棒のようなコシのうどんでした。

今度は他店でも食べてみます。










2019年5月日


気温が上がり、今年もヌマエビは出産シーズンを迎えてます。

腹部に抱卵した個体がたくさん。
一週間後には孵化することでしょう。
2019年5月19日 小野照崎神社大祭
3年に1度の本祭。




18日夜、例年通りの町会神輿。





明けて19日、3年に1度の本社神輿。








例年、少しは担ぐのですが、今年は肩の筋肉に痛みがあるため
裏方に徹しました。
2019年5月12日 オフ
あまり体調が優れない晴れの休日。



買い物ついでに舎人公園に立ち寄り。

家族連れでかなりの賑わい。

緑眩しき中、ただただ深呼吸して歩いてきました。
2019年5月5日 軍刀利神社〜生藤〜陣馬〜かどや




長すぎるゴールデンウイークは連日高速渋滞の模様。

車はやめて、電車で、ほぼガラガラであろう登山道を歩きに行きましょう。

本来であれば上野原駅でバス待ち30分をして登山口へ向かうところでありますが、
4人での山行でしたので、タクシーで入れる限りのところまで行ってもらいました。




軍刀利神社登山口より出発。




本来のバス待ち30分、到着バス停から登山口までの徒歩30分の
合計1時間位が節約できた感じでしょうか。




勝利の神様にして、県では有名なパワースポットだそうです。




こちらが奥の院のようです。
さらに上の山宮が笹尾根上にあり、そこを目指して登って行きます。




男坂と女坂の選択で、前者を選びましたが、かなりのレベルの急登でした。




誰一人歩いておりません。
振り向くと落ちてしまいそうな斜面をじっくりこらえて歩みを進めます。




山宮に到着。




笹尾根上にあるので、もしかしたら以前に
通過したことがあるような、ないような・・・

背には富士山が望め、パワーがみなぎります。




笹尾根歩きは富士見の道中と言われてますが
その言葉通りだったのはこれが初めてです。




三国山。




ここも富士見の休憩ポイントなのでベンチが置かれています。




生藤山、のはずが、会話に夢中で分岐を見逃し、
不本意にも山頂を巻いてしまいました。




和田峠から陣馬山頂への長い階段。




日差しがこたえます。




子供の日仕様の陣馬山着。




ふかふかの芝生で
適度な春風と日差しを浴びながらゆっくりランチ。
ビールでも飲んで昼寝できたら最高なシチュエーションでした。

さ、あとはどんどん下って、かどやで飲みましょう。




陣馬〜明王峠 はいつもの賑わいでした。




大平小屋手前を右にきれ、
人少なく、ジャングルな雰囲気の貝沢ルートで下山します。




相模湖駅前かどやに無事到着。

2時間以上飲んでしまったため、
中央線で目覚めると二日酔い状態になってました。










2019年5月4日 DIYでギター
自分にとっては長すぎる連休。

遠くに行くには混雑必至で費用が高額。

高い山は先日降った大雪でスッカリ冬山。
つまり装備も技術も伴わない私には不可。

こんな時のために用意しておいたんですよ。
楽しい工作材料。


安い青色ボディのストラト形ギター。
どこにもないオンリーワンに仕上げましょう。

バラバラに分解して、塗装を全落としします。




安物だけあって、木目もよろしくなく
オイルフィニッシュを試みますが
染みたり染みなかったりでボロボロになってきました。




何度も塗ってはヤスリをかけ、との粉や内装用のパテまでも駆使し
作業をすすめます。




以前に失敗した際に保管しておいたミラーピックガードがあったので
オリジナルの白色ピックガードからアッセンブリーを移植します。




なかなかボロくて枯れたいい感じになりました。
ザクリ部分の青色が元のボディ色の名残です。




切断した配線を半田付けして、
一気に組み上げていきます。




完成。
眺めながら飲みました。

DIYは自己満足の時間が過ごせるので好きです。
2019年4月29日 2019初の塔







大倉の最上段、穴場の民間駐車場にとめ
バカ尾根トレーニング。




事前に情報は得てましたが、いつも当然のようにいた
クリステルとキャサリンがいない。
何だかとっても寂しい。




今日の空は予報通りの曇天で富士山は雲の中。
下界相模湾方面は何とか見渡せ、房総半島までクッキリ。



天気が回復すれば丹沢山までと思いましたが、山頂真っ白。
寒〜い中、急いで早めのランチタイム。




そして、そそくさと撤退。




こんな空だとスマホでの写りはこんなモン。
画質悪いです。




時間も早いので
駐車場の敷地内に建つ”山屋 slow”なるお店でコーヒータイム。

こちらの駐車場には幾度も停めてますが初めていただきました。
自家焙煎で、アイスは水出し、ホットはサイフォン式でとってもおいしい。

ご馳走様。
また来た際には寄らせていただきます。


渋滞にも巻き込まれず、サッと帰宅。
同行の4人に2人を加えて、今日も旨い酒を飲みました。











2019年4月21日 柳沢峠-丸川峠




久しぶりの山歩き。

軽めに気持ちのいいとこを行こう、
ということで、昨秋に歩いた静かで高低差の少ない
柳沢峠から大菩薩への登山道を歩いてきました
(結局、大菩薩まではいきませんでしたが・・・)。

ちなみに、下記が昨年秋に歩いたレコになります↓
http://hokuritu.blog.fc2.com/?q=%E6%9F%B3%E6%B2%A2





入谷を4時に発ち、勝沼IC経由で
青梅街道最高点の柳沢峠に駐車します。




駐車場の向かい側より登山道に入山します。




久しぶりの山での朝日、
たまんねぇなー。




苔っぷりが素敵な登山道です。




残雪箇所は溶けて固まってを繰り返しているため、
ツルツルです。




分岐地点の六本木峠。




ブナと苔の素敵な道です。




踏み跡はしかりしていますが、
丸川荘まで人にはほとんど会いません。




丸川荘着。




おいしいコーヒーをいただきました。
小屋仙人の只木さんのキャラのせいもあり、
前回同様、とっても穏やかな時間が流れる素敵な空間でした。




撮影ポイントのデッキからは富士山がばっちりでした。




先に来ていた方に話をきくと、
只木さん作の木彫りのマグカップを買いにきたのだそう。
木彫りについて色々話されているのを聞き、
ぐい飲みを収集しているという同行したIさんも購入しておりました。




先日降った雪で富士山もまだまだ春には遠そうでした。




一人アイゼンに不具合があり、
大菩薩まで登ってしまうと下りが危険と判断し、
小屋前を少し登り始めましたが引き返すこととしました。
無理は禁物、安全第一です。




小屋前でお湯を沸かしてまったり食事をし、
来た道を引き返しました。




静かでとても良い道です。
また来ましょう。


帰宅後はたっぷり飲み、
ようやく”山あそび”復活です。











2019年4月20日 ラジオのはなし
電気屋は大型連休を前にし、皆さんそこで大きく出費するためか、
暇な時期に突入しております。

店にいる時間も増えておりますため、
お年を召されたお客様と接する時間も増え、
普段は気にもとめないラジオの話題など、
お話しすることもあります。




先日お得意様に
「今これ使っているんだけど、ワイドFMが聞けるやつに買い替えたくて」
と言われました。

お持ちになったのはテレビ(アナログ)音声1ch〜3ch対応の機体。
ワイドFMは、VHFテレビ放送終了後、
空きになったのVHFローチャンネルの周波数帯を使用するので、
それであれば問題なく受信が可能です。
そして、番組的にモアチャンネル化できるのではと、
過剰な期待をされていたようなので
内容は放送中のAM放送を同時放送するものです、と加えておきました。

ついでではありますが、当店も含め、近隣では最近
TOKYO FM の受信がとても悪くなったという声を耳にします。
電波の送信塔が東京タワーからスカイツリーへと変わった際に、
FM局の送信場所が2箇所からとなりました。

スカイツリー からは NHK-FM と J-WAVE が送信され、
東京タワー からは TOKYO FM と 放送大学、InterFM
が送信されるようになったため、
スカイツリーに近い当店周りなどは
2つの電波塔から発せられる利得の強弱が極端なため、
良好に TOKYO FM を受信するにはアンテナによる対策が必要となります。

以上

エアチェックが盛んなオーディオ華やかなりし頃であれば、
大きな話題になるところではありますが、
ご参考までに。
2019年4月16日 あー値上げ


この春、白熱電球の終売、
蛍光灯関連(特にコンパクト蛍光管)の
大幅な値上げが続いております。

LEDへの置換が急速に進み、需要激減で、
以後も先細りが顕著であるため仕方ないこととは思います。

特殊用途の蛍光管は終焉し、コンパクト蛍光管は概ね
20〜30%程度の値上げとなりました。
2019年4月7日 晴れの日、インドアにて
帯状疱疹の症状、あまり改善せず、
せっかくの晴れの休日、引きこもり。

以前より不調であった自室の BDレコーダーの修理。

症状としては、BDドライブが全く読み取りせず。
ドライブ交換なので修理としては”軽”な部類です。

こちらのメーカーの修理は久々でしたが、
「こちら(メーカー)で修理をするので送って下さい」
との一点張りでなかなか部品供給をしてくれない。

別のメーカーですがサービスマンの方が言ってました。
「ネットやyoutubeで電気製品の修理やら取付やらが
やたらと紹介されていて、見よう見真似でやる方が多く、
修理できないと、返品するだのやってくれだのと
ゴネる輩がいるんですよね」と。

我々はいわばディーラーなので、本来はそちらの素人さんとは
一線を引いておいてくれて良いはずなのですが、
今は電気屋だけでなくリサイクルショップなども自店修理を試み、
中には同様のクレーム(?)に至る事例も少なくないそうで。

たったドライブ1個の調達で幾度も”ホントにできるんですね”
と念押しをされました。

こういった傾向は今後さらに強まっていくことが明らかなので、
仕方ないと納得せざるを得ません。




ネジ5本でとまった上カバーを外します。




爪でとまっている前面パネルを外します。




ケーブル2本を抜き、
BDドライブを金属フレームごと外し、フレームを新ドライブに移行します。




ドライブを固定し、ケーブル2本をつなぎ、前面パネルを取り付けます。




天面カバーを取り付ければ元通りです。

メーカーサイトよりアップデートプログラムをUSBメモリに保存し、
レコーダーに読み込ませて完了です。




久しぶりに
大好きなジョージ・ベンソンのライブで動作確認しました。

BDレコーダーは電源を入れる度に
HDDドライブ→BDドライブ と読みにいくので
BDドライブのエラーがなくなったため、
立ち上がる速さが飛躍的にアップしました。
2019年4月3日 不調であります
年が明けてからというもの、
どうにも体調が優れません。

早々にインフルエンザ。

完治後、長びく胃腸不良。

復調後、今度は良く耳にする帯状疱疹。




先日より何となく左乳付近がチクチクしたんです。
それが今朝には剣山で刺されたような(刺されたことないけど)痛み。

ネットで調べると恐らく帯状疱疹との予感。
早期に対処するのが良いようなので、
一番近くの皮膚科で診療。

完治には1〜2週間。

今年は仕事がやや↑気味なのに対して、健康が急↓。

胃腸の回復が遅かったのが心配なのでしっかり検査しよ。
50年超で使った身体ですから、たまにはメンテが必要ですね。




近所の公園の夜桜がキレイでした。

でもでも、街中で華麗なソメイヨシノ見るより
山里で地味に咲く山桜を見たいです。

ザックを背負う部分が痛むので、山、行けません。

精神衛生上よろしくない平成の終わりです。


■ご近所さんリンク

▽水上酒本店
お酒のセレクトショップ

▽酒場 三富
入谷駅前 馬刺と桜鍋

▽岩田屋工具店
趣味のハンドクラフトにもお薦め

▽和菓子 東洋庵
鳥越銘菓 東洋庵

▽もりちか眼科
もりちか眼科クリニック

▽根岸 花ふじ
根岸 花ふじ

▽RoomsHair
台東区入谷 美容室

▽かなりや化粧品
浅草のコスメティック店


■お気に入り
弾かれることもなく、私に捕われてしまったギター達。でも、それでいいんデス。
YAMAHA SG1500
↑今では入手不可能なジャパンヴィンテージ。メープル+マホガニーボディでスルーネック。高校時代にバイトして買ったものです。ほれてます。
Ibanez AS120
↑非常に作りの良い名器。ボディはオールメイプルで豪華。インレイもとてもキレイで本家をしのぐかっこよさ。手放せません。
yamaha AES  with Duncan
↑欧米で大人気のヤマハ機。近代的なフレームメイプルのトップがとってもキレイ。もう国内では入手できません。
ibanez AF85artcore
↑ヒジョーにゴージャスなルックスのフルアコ機。好評のハコモノARTCORE。たまーに触るだけ。
Epiphone Casino NA
↑いわずと知れたエピのカジノ。軽量でとっても生音デカくて使えます。
fender terecaster
↑好きです、テレキャス。古くなるほど味がでます。ぺけぺけ音がたまんないです。
fender stratocaster
↑お決まりフェンダーのストラト。定番のサンバースト色で渋く軽く鳴ります。
ibanez artist AR300
↑初期のヴィンテージモデルではありませんが、鳴りよし、作りよしの固体です。
epi Les Paul
↑トラ目全開のハニーバースト色のレスポールモデル。マホ+フレイムメイプル。とても目立ちます。
yamaha pac
↑安価なモデルですが、さすがはヤマハ。音よし、作りよしで使える1本です。
ibanez acoustic
↑生音のとっても大きなエレアコ機。イバはお手頃価格でいいもの作ります。
Ibanez acoustics series
↑どうしてもナイロン弦モデルが欲しくて入手。エレガットです。高価じゃないけど素敵デス。
YAMAHA motion-bass
↑ショートスケールで弾きやすい MBモデル。たまに触りたくなるベースです。

2019(その1)のひとりごとへ トップページへ


画像・データ等の一切の転写・複製をお断り致します。
ホクリツ電機 株式会社 北立電機商会
web運営責任者 武田芳彦  Yoshihiko Takeda
所在地 東京都台東区入谷1丁目5−1
電話 03-3873-7101
EML(代表) info@hokuritu.co.jp
WEB http://www.hokuritu.co.jp
All right reserved.Copyright(c)1998-2019. Hokuritu Denki Limited.