間違った情報もアリマス。こちらのページに記載の内容には何の責任も負いません。あしからず。
迎→ 作者あてメールはこちら(お返事の約束はいたしませぬが・・・) 
以前に記載しておりました外部ブログページも復活しております。
内容は重複しておりますが、お暇ならご覧下さい。

こちらです


2019年12月1日 扇山〜百蔵山




晴天の秋の日曜日、
大月市・秀麗富嶽十二景の扇山、百蔵山を歩いてきました。

バスを使わず、JRのみで完結するルートです。




JR中央線は相模湖を過ぎると次第に乗客が減り始め、
藤野、上野原を経ると登山者も激減します。
初めておりる鳥沢駅から歩き出します。




初の山なので画像多めで行きましょう。




駅を出て右に直進です。




中央道をくぐります。




正面に目指す扇山が見えます。




が、山に向かう道標などはほとんどありません。




神社脇を直進します。




人気の山だと聞いてましたが、登山者の姿はありません。




エコハウスという施設を通過。




ようやく扇山の表示。
端的にいいますと、ただただ大月カントリークラブを目指しましょう。




紅葉は今回で見納めですかね。




雲の切れ間に富士山。
山頂着くころには全貌を頼むよ、と祈願。




わかりにくいのでGPSで確認すると、
このヘアピンカーブの先から山に入れる感じ。




大崩落地で車道は行き止まり。
登山者はここを右に行き入山。




電車を降りてから約1時間半。
長いロードでした。




やっと土の上を歩けます。




崩落個所を上から覗いてみました。
かなり酷い様子です。
復旧までは相当時間がかかりそうです。




入山早々に歩きたての熊の足跡がありました。
あとで調べるとかなり出るらしい。
気を付けましょう。




山中は道標しっかり。




冬枯れの山歩きは気持ちいいです。




カラマツの黄葉が青空に映えます。




なかなかの急登を行き、山頂だっ。




雲がとれるまであと少し。
百蔵山に着く頃には消えることでしょう。




腹減りました。




久々冬仕様の鍋焼きちゃんぽん。
何でもこの中に投入して煮込むと旨さ倍増です。
今日はゆず胡椒味の焼き鳥缶を入れました。




ゆっくり休んで百蔵山への縦走路へ。




直進。




すぐに大久保山。




地味にキツいアップダウンがあります。




時々フカフカの癒し。








百蔵山に到着。




雲がとれて全貌が拝めました。




ランチしてる方が多々おりました。




穏やかです。




気温が上がり、動いていると上着要りません。




猿橋に向け下山します。




紅葉に見とれ、無駄口をたたいていたら前へコケました。
もう少しで顔面を強打するとこでした。
何でもない道になってからの油断、要注意です。








百蔵浄水場に出るとあとは舗装路歩きになります。




ここの職員さんは毎日こんな風景が見れるんですね。






右に行けば駅ですが、せっかくなので有名な猿橋を見学しにいきます。




到着。




日本三大奇橋の猿橋です。






撮影ポイントでの一枚。




猿橋自体は予想していたより小ぶりな橋でしたが
隣にかかる橋や渓谷美はなかなかのモンでした。








見学終えて駅まで歩き。
本日もなかなかの距離を歩きました。

帰路の電車はしっかり睡眠。
鶯谷到着後はかっちり飲みました。











2019年11月26日 レッドビー
先日、レッドビーシュリンプを20匹、購入しました。

昨冬、ミナミヌマエビは過酷な冬の屋外でもたくましく越冬したので
今年は屋外のみの飼育とし、新たに導入したレッドビーシュリンプは
ヒーターを25℃にした部屋内の水槽で様子をみることとしました。




この種自体が弱いのか、購入した個体が弱いのかは定かではありませんが
1週間程度で約半数が逝ってしまいました。

脱皮、繁殖まで無事にこぎ着けられるか経過観察中です。

ヒジョーに長い期間寝かせてあったヒーターはとっても不安でしたが
さすがはニッソーの製品だけあってキスゴムの交換だけで正確に動作しました。

エビは小さいため、ヒーターカバーを被せると
カバー中で茹で上がってしまいそうなのでカバーなしで設置しましたが、
予想通り、石巻貝がヒーター管の上を這い、熱くなると滑落、
自身で起き上がれず数匹が天国逝きとなってしまいました。

来春、石巻貝の自然採取に出かけたいと思います。
2019年11月10日 大岳山-鋸山




本日は奥多摩に通い、奥多摩を愛し、奥多摩に精通している
業界の先輩の案内にて大岳山バリルートをご案内いただく山行。




武蔵五日市よりバスに乗り、白倉バス停にて降車。




バス停前のベンチをお借りし、準備。




ちなみに、こちらのバス停にはトイレはございません。




道路向かいの宿の脇より入山。




少し入ったところで大嶽神社。




天皇陛下御即位の奉祝。
おめでとうございます。




ガードレールの切れ目より山道へ。




富士山を背に急登を行きます。




手前から笹尾根、丹沢、富士山かな?




手前が上がってきた白倉方面、
右が馬頭刈山、左が御前山、鋸山方面。




富士山バッチリ。




黄色よし。




写真家の先輩は、光加減のいい写真は
こうして葉っぱにまみれて撮るようです。




幾つかの分岐は極力直登。
精通してないと行けませんね。




暑くもなく寒くもなく、虫もいなくて爽快。




巻いている登山道もまっすぐ行きます。




混雑している山頂に、
あんたらどっから来たの?的なところから登頂。




今日はとにかく気持ちがいい。




登山道は誰もおりませんでしたが、
山頂富士山側は座るスペースもなく。




一段下にてランチタイム。
水筒でカップ麺が食えるのも今日限りかな。
冬場はさすがにガス持参必須ですね。




柿の種、チョコでコーヒーブレイク。
最近こればっかですね。




さ、ここから楽しみにしていたバリルート、海沢探勝路へご案内いただきます。
道迷いが多発する急降下ルートらしいですが
途中には素晴らしい3つ(4つ?)の滝の紅葉が拝めるそうです。

が、入路した途端、台風で崩れてるんでダメ、との警告。

非常に残念ではありますが、先輩、またの機会にご案内下さい。




秋景色を堪能しながら鋸山へと向かいます。




奥多摩湖から見るとギザギザになっている尾根道は
危険箇所こそありませんが、随分とアップダウンが続きます。




鋸山に到着。




眺望はありませんが、適度な木陰で
爽やかな風が吹き抜けております。




鋸山から愛宕山へは岩々のアップダウンが続きます。




愛宕山上の尖がった岩峰。




向うを覗き込むとなかなか高度感あります。




祠もある山頂ですが、地図で見ても名前は書いてありません。
ここが愛宕山かと思いましたが、
愛宕神社がある少し行ったこの下が愛宕山のようです。




愛宕神社到着。




本日の無事を御礼。




こちらの五重の塔は戦没者の慰霊碑だそう。




帰宅してログをみると登り累計1800m超。
どうりでアップダウンが続いたわけですね。




氷川キャンプ場前のトイレをお借りして着替え。

先輩が通う奥多摩駅前”むら喜”さんで乾杯。














店を出る頃にはいい感じで明かりが灯ってました。
2019年11月7日 超音波洗浄器を入手
かねてより欲しかった超音波洗浄器を購入。




たいした買い物ではありませんが、わくわくして色々試しました。

メガネ---予想通り、メガネ店店頭にあるやつのようにぴかぴか。
時計バンド---時計本体を外してドボーンして数回。なかなか凄い汚れでした。
電気シェーバー---内刃、外刃をドボーン。すかすかピカピカ。

秋の夜長、ちょっと楽しかったです。
2019年11月4日 柳沢峠-丸川峠-大菩薩




静かな奥奥多摩のお気に入りルートを6人で賑々しく歩いてきました。




青梅街道最高地点の柳沢峠での夜明け。
赤く染まった富士山がお出迎えです。




標高差少な目、距離長めの秋の散歩道です。








紅葉越しに大菩薩。






丸川荘。




丸川荘からは歩き足りないであろう健脚の二人は飛ぶように先行。
我々は山頂経由で雷岩をピストン。
彼らはさらに介山荘まで行き、
復路にここ丸川荘の美味しい珈琲タイムで合流予定とします。






山頂では雲が沸き青空は失せました。






雷岩にてランチ。
んが、寒いのでそそくさと撤退。




丸川荘にてコーヒーブレイク。




秋景色を見ながら戻りましょう。
































はまやらわ にて土産。


連休、多数の事故と混雑要素が重なり、
高速はひどい渋滞。

関越回りでの復路となりました。

結果、正解。
2019年10月24日 東京モーターショー
だいぶ今年から趣向が変わり、大規模になったと評判の
モーターショーに行ってきました。

どこもかしこもひどい混み具合なので
空き気味なとこへ、と入るとスーパーカーコーナー。




最初に F40とF50。
いきなりすごいのがキタ。




ポルシェ 911RS。
F40の隣にありました。個人的にはこちらが好みです。




2台のランボ アヴェンタドール。
とっても目立つピンクのカラーリング。




DINO 246GT。
個人的に車の中で一番好きなクルマ。




アストンマーチン。




公道を走る姿が想像できない
マクラーレンセナ。




ラメの粒粒をコツコツ張り付けたという
チョード派手なインパラ。




さすがはホンダなF1マシン展示。




こちらもホンダブースのレッドブル塗装のF1。




高級感あふれる レクサス LC。




ビックサイトから青海展示場へ移動中にも沢山の展示車両。
こちらは艶消しピンクのGT-R。




いすゞの未来のコンセプトトラック。
もの凄いどや顔だ。




どこかXVっぽさ漂う
VIZIV アドレナリン コンセプト。




BRZ stiのレーシングカー。



かなりの規模で催されたモーターショーでした。

未来に向けての技術展示が多くされておりましたが、
個人的には屋外の DRIVE PARK なる場所で実車をプロが操る
ドリフト走行が一番印象に残りました。

テールスライドで豪快にドリフトする新スープラ、
ライトウエイトでいかにも楽し気なロードスター、
唯一の四駆で迫力満点に四輪ドリフトで魅せるWRX sti、
・・・などなど、下記にあげられておりました。

最新東京モーターショー2019 新型スープラも!
世界チャンピオンが魅せるドリフト!!

映像ありがとうございました。
2019年10月14日 那須岳(姥ケ平〜茶臼岳)





天候が全く安定しない秋。

今年は台風で色づき前に飛ばされて
紅葉はどこも今一の模様。

アクセスも良く、
少しの歩きで迫力の絶景がのぞめる那須岳に行ってきました。




日の出に合わせて駐車場に入らないと
紅葉名所はどこも満車になってしまいます。




で、日が出たので歩き出し。




一礼。




朝日岳が陽に照らされかっこいい。




茶臼方面、青空でテンションアップ。




いつでもこの朝陽が斜めに射し込む時間が大好物です。




ほどなく茶屋跡の避難小屋。




今日はまだ歩いていない紅葉の姥ヶ平を目指し、
茶臼を経由予定ですので、こっち方面へ。




相変わらずシューシュー吹いてます。




やや紅葉。




姥ヶ平。




少し入ってひょうたん池にて。
絶景の紅葉越しのさかさ茶臼。
青空ならパーフェクトだったんですが十分満足。




姥ヶ平にて紅葉ランチ。




あとは茶臼を巻くように登り、避難小屋を経て戻りましょう。




先ほど一時的に降った雨もすっかり上がりました。




あとで調べるとこの西に見える存在感あるのは大倉山というらしい。




毎度思いますが、北側から見るとアリゾナチックですな。




撮影ポイント。
迫力あります。




やっぱり山には青空が似合う。




ゆったり周遊。




うって変わって山頂直下はガレガレの岩場。




あたり真っ白で山頂ロスト。




火山らしい風景。




高度を下げるとやがて眼下に避難小屋。
空は白く、風も強くなってきたので朝日岳は行かずに終了。




この時間になると続々と登山者が上がってきます。
流れに反して我々はゴール。














帰路途中、殺生石を見学して渋滞もなくゆったり帰宅。

二軒かっちり飲みました。
2019年10月10日 ザック
山用のザックを洗って、カラッカラに乾かすと
最初に背負った時、新品直後以上にサラサラで
この上なく気持ちがいい。

ほとんどの山行が日帰りなので、背負うのはもっぱら中型ザック。



靴と同じく、1個だと痛むので2個を併用。
上画像左:モンベル バーサライト
上画像右:ノースフェイス テラ

洗う時には抜き出すフレームを比較。
いわゆる軽量ザック(左)と一般的なザック(右)の背中のフレーム。

これだけでも全く重さが違います。

圧倒的に頑丈なのは右なんですが
軽いのを背負っちゃうと重いのの出番が減っちゃうんですよね。

双方ともかなり劣化してます。

軽いやつ、買い替えよう。


■ご近所さんリンク

▽水上酒本店
お酒のセレクトショップ

▽酒場 三富
入谷駅前 馬刺と桜鍋

▽岩田屋工具店
趣味のハンドクラフトにもお薦め

▽和菓子 東洋庵
鳥越銘菓 東洋庵

▽もりちか眼科
もりちか眼科クリニック

▽根岸 花ふじ
根岸 花ふじ

▽RoomsHair
台東区入谷 美容室

▽かなりや化粧品
浅草のコスメティック店


■お気に入り
弾かれることもなく、私に捕われてしまったギター達。でも、それでいいんデス。
YAMAHA SG1500
↑今では入手不可能なジャパンヴィンテージ。メープル+マホガニーボディでスルーネック。高校時代にバイトして買ったものです。ほれてます。
Ibanez AS120
↑非常に作りの良い名器。ボディはオールメイプルで豪華。インレイもとてもキレイで本家をしのぐかっこよさ。手放せません。
yamaha AES  with Duncan
↑欧米で大人気のヤマハ機。近代的なフレームメイプルのトップがとってもキレイ。もう国内では入手できません。
ibanez AF85artcore
↑ヒジョーにゴージャスなルックスのフルアコ機。好評のハコモノARTCORE。たまーに触るだけ。
Epiphone Casino NA
↑いわずと知れたエピのカジノ。軽量でとっても生音デカくて使えます。
fender terecaster
↑好きです、テレキャス。古くなるほど味がでます。ぺけぺけ音がたまんないです。
fender stratocaster
↑お決まりフェンダーのストラト。定番のサンバースト色で渋く軽く鳴ります。
ibanez artist AR300
↑初期のヴィンテージモデルではありませんが、鳴りよし、作りよしの固体です。
epi Les Paul
↑トラ目全開のハニーバースト色のレスポールモデル。マホ+フレイムメイプル。とても目立ちます。
yamaha pac
↑安価なモデルですが、さすがはヤマハ。音よし、作りよしで使える1本です。
ibanez acoustic
↑生音のとっても大きなエレアコ機。イバはお手頃価格でいいもの作ります。
Ibanez acoustics series
↑どうしてもナイロン弦モデルが欲しくて入手。エレガットです。高価じゃないけど素敵デス。
YAMAHA motion-bass
↑ショートスケールで弾きやすい MBモデル。たまに触りたくなるベースです。

2019(その3)のひとりごとへ トップページへ


画像・データ等の一切の転写・複製をお断り致します。
ホクリツ電機 株式会社 北立電機商会
web運営責任者 武田芳彦  Yoshihiko Takeda
所在地 東京都台東区入谷1丁目5−1
電話 03-3873-7101
EML(代表) info@hokuritu.co.jp
WEB http://www.hokuritu.co.jp
All right reserved.Copyright(c)1998-2019. Hokuritu Denki Limited.